C2C@Place

Uber(ウーバー)」と「Airbnb(エアビーアンドビー)」に代表されるC2C、総務省の「平成27年度版 情報通信白書」によると、グローバル全体で2013年に約150億ドルの市場規模が2025年には約3,350億ドル規模に成長する見込みとの調査結果が発表されています。急激に成長を続けるC2C市場において、我々は様々な業界でミートアップポイントにフォーカスしたリアルC2C@placeサービスに特化しています。

C2Cアプリに必要な機能はすべてフレームワークとして提供されます。

Chat

画像送信付きチャット、運営からの ダイレクトチャット、一斉配信、 グループチャットなど、 LINEfacebookメッセンジャーと 同等のやりとりを行えます。

Review

相互評価のレビュー、
レビューによる
レコメンドのアルゴリズム
利用できます。

Payment

クレジットカードによる事前、
事後の決済が可能です。
また参加者による割り
勘機能も行えます。

Notification

アプリのロック画面や
ホームアイコンのバッジなど
通知機能が利用できます。

Dashboard

C2Cサービス運営に必要な機能は、すべてダッシュボードに搭載されています。
さらにフランチャイズなどカテゴリ別のアカウントログイン管理にも対応しています。

各種管理機能
予約、会員、店舗、決済、レビュー、
チャット、配信、タグ、
FAQなど

 

分析
会員、アプリ内行動解析、KPI設定など

 

開発費10分の1でスピードリリース

C2Cアプリの開発はデザイン、仕様作成からインフラ、バックエンド、アンドロイド、iOSと広範囲に渡ります。また、アプリがグロースするまでに最低限必要な機能も大変多く、単独開発では、コストと時間が莫大にかかります。多くのスタートアップ企業が抱える上記のコストと時間の問題を私たちはコンサルティングも交え、共にグロースする体制で解決します。(スタートアップモデル標準例)初期1千万、ローンチまで最短3ヶ月、レベニュー1%でC2Cアプリを立ち上げることができます